巻物

トルネードの渦巻きを考えた魔法使い

「ミュージシャン」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なんとも思ってない人だって。君が思う「娘」って、どうだろう?

ホーム

笑顔で口笛を吹く父さんと読みかけの本

最近、自分の子供がいつもの広場で遊びたがらない。
日差しが強いからだろうか、家のおもちゃがめっちゃもらってふえたからか。
ちょっと前までは、非常にいつもの広場に出かけたがっていたのに、近頃は、そんなに行きたがらない。
なんというか、父から見て、考えても考えても困ることもないので、気にしてはいないがですが女親としてはちょびっとでも気にしている。
けれど、蒸し暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

気どりながらお喋りするあの子と履きつぶした靴
動物を観察するのにすごく多く距離を歩く動物園は、夏季は大変暑すぎて厳しい。
知人夫婦と子供と私と妻と子供ともども合同で観覧しに行ったが、とても暑すぎてつらかった。
めっちゃ蒸し暑いので、シロクマもトラも他の動物も多くが動いていないし、奥の物影に姿を潜めていたりで、ほとんど見えなかった。
次回は、水族館などが暑い季節はよさそうだ。
娘が小学生になったら夏期限定の夜の水族館や動物園も楽しめそうだ。

月が見える月曜の夜は冷酒を

昔から興味はあっても行ったことはない、だけど、しかし、暗くなってからの動物園は、夜行性の動物がすごく盛んに動いていて見ていてたまらなく楽しいらしい。
けっこう前から興味あったけれど、昼間ではない動物園は入園したことがないけれど、子供がもうちょっとわかるようになったら見に行ってみようと妻と話している。
もう少しだけ夜もおきていれるようになったら、必ず、娘も楽しんでくれると思うから。
いつもの動物園と異なった様子を家内も私も楽しみながら体験してみたい。

ノリノリで泳ぐ兄さんと枯れた森
久しく行ってなかったお仕事の際、初めて業務でお世話になったAさんという年配の方は、体格のいい上司だ。
初対面で会った時以降貫禄があり、個人的な会話は全然したことがなかった。
前回、何気なくAさんの袖をまくったうでを拝見して驚いた!
大粒のパワーブレスが何連も目に入ったため。
気付いたら、天然石興味があるんですね!と話しかけてしまった。くらい。
そしたらAさんは得意げに、なおかつ子供っぽい表情で、それぞれのストーンの由来紹介してくれた。

天気の良い金曜の昼に立ちっぱなしで

仕事で関わったお姉さんがいる。
少し変わった方で、トークの内容がいつも面白かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、総合旅行業務取扱主任者、元客室乗務員。
公認会計士もパスしていると言っていたような・・・。
さすがにこのことを親友に話してみたところ、君の勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の上司と結婚し退職していった。

風の強い祝日の明け方は窓から
ちょっとだけ時間にゆとりが持てたので、ゲオに足を運んだ。
新たにMP3プレイヤーに挿入する音楽を見つけるため。
この春、頻繁に聞いたのが西野カナさん。
だいたい習慣になっているのが洋楽。
アメリカ人以外の作品もクールだと近頃思う。
なので、今回レンタルしたのはアリゼだ。
甘いボイスと仏語がカッコイイと思う。

笑顔で口笛を吹く友達とあられ雲

晩酌などのお酒のおともに、ヘルシーで健康に良い物を!と思っている。
ここ最近のお気に入りだったのは、焼いた葱。
それ以前はシシャモ。
そして、最近は、湯葉だけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
先日新メニューを考案した。
買い物に行けば90円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味付た物。
とても価格は低め、カロリーも低い気がしませんか。

騒がしくお喋りする弟と擦り切れたミサンガ
石田衣良さんという小説家に魅せられたのは、愛ちゃんのアパートで。
愛がいない部屋というサブジェクトの短編ストーリーが詰まった短編集がパソコンの前に置かれていたから。
故郷の青森のお母さんが読んでいて、その後お酒や衣類と一緒に箱詰めにして宅急便で送ってくれたとのこと。
当時はまだまだ文学界で知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはふつうエッセイや自己啓発、ファッション誌などは読む。
だけど、俗にいう文庫本は気に入らないらしく、愛がいない部屋を私にプレゼントされた。
愛の母さんはどんなことを考えながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろうか。

汗をたらして自転車をこぐあの人と霧

知佳子はAさんの事が大好きな様子だ。
Aさんも知佳子の事を可愛いと思っている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も絶対行くし、この前は私も一日目だけ同伴させてもらった。
知佳子もAさんも私の事を同じ呼び方で呼ぶし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、一番に、私に求めてくれる。
なんとなしに可愛がってくれている感じがして凄く居心地がよかった。

のめり込んでお喋りする子供と履きつぶした靴
休日の時間つぶしに、花の美術館に行ってから、あの空間に病みつきだ。
驚いたのは、一人でゆっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
それからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展示がすごくそれ以来私も、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとても海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の作品が数多くある。
彼は、有名な週刊新潮の表紙を描いた芸術家だ。
それ以外でも、日光にある、竹久夢二の美術館で、凄い量の絵葉書を購入したことも。
今までずっと、ミュージアムには日頃から幸せな時間をいただいている。

お役立ちリンク・関連リンクです。


薬剤師 派遣求人
薬剤師が転職しようと考えているなら、どのようにして調べたらいいのでしょう?ウエブの求人情報サービスなら、薬剤師専門の転職・求人情報サイトがたくさんあります。
闇金 相談 警察
闇金トラブルの解決のために、相談するならコチラがオススメです。ヤミ金の問題、一刻も早く解決してスッキリしませんか?

手裏剣


Copyright (C) 2015 トルネードの渦巻きを考えた魔法使い All Rights Reserved.
巻物の端